トモーヌのひとりごと

レゴや音楽、政治などを扱う雑記ブログ

【大切】人付き合いの良いコツってあるのか考えてみた!

 

toast-lego

うぉーーーーっす!最近肩甲骨が痛くて辛いともーぬです

こんにちは!

今回は人との付き合いを上手くやっていくコツがあるのかどうかを頑張って考えていこう!

 

目次

 

まず人と仲良くなるには?

あいさつが第1歩ですね

あいさつで声を交わすことによって警戒心が取れていくわけですね

警戒心が取れると離しやすい状況を生みます

次に共通の話題を振ることが重要になってきます

さてここでポイントなのが、他の人が多いところで色んな話をする事が出来るかどうかなのです

誰かと話す時に周りに人がいるとします

周りの人はあなたが話している話題を聞いて興味がわくと、話に参加してきます

これによりあなたと話せる人間が増えていくわけです

 

 

ダメな場合は?

人と関係を築けない場合は原因があります

たとえば表情!暗そうな顔している人と話したいとは思いませんよね?

普通もしくは楽しそうな顔している人と話すほうが確立も高くなるでしょう

あと話しかけてこられた時の返しが問題である可能性もあります

返事だけじゃなく自分の考えも交えて返せば反応が変わってきますので、上手くいかない人は考えてみてください

 

 

人付き合いにおいてNGになりやすい意外な原因

これも実体験なのですが、人間関係を築く上で障壁になることがいくつかあります

言葉が丁寧過ぎる

これは意外かもしれませんが、言葉遣いが丁寧過ぎると良い関係は作れません

うわべだけならOKですが、仲良くなりたいのであればある程度フランクな言葉遣いに変えていく必要が出てきます

知り合って間もないなら良いのですが、知り合って1年2年も経つのに丁寧過ぎる言葉遣いだと仲が進展しません

昔、私は丁寧過ぎる言葉遣いをお客さん(とある会社の社長)に注意されたことがあります

その時こう言われました

客「気分悪くしないでほしいんだけど、あなたは言葉が丁寧過ぎる。それだと相手が気を使ってしまい疲れさせてしまうよ。人間関係を築く上で丁寧過ぎる言葉は壁になることもあるんだよ。だから普通に喋るようにしてくれ」

これまで自分の言葉遣いは間違いがないと思っていた私にとって衝撃でした

私は注意を受けた後にくだけた言葉遣いでそのお客さんと喋るようにしました

敬語にタメ口を混ぜるような感じに

するとお客さんは

客「そうそう、それでいいんだよ。丁寧な言葉はNGね!」

そのあともこのお客さんに丁寧過ぎる言葉を使ってしまったことがあって、その度に

客「ほらー、また丁寧過ぎる!ダメよ!」

私「あ、申し訳ありません!」

客「いやだから“すんません”ぐらいにしときなさい」

って言われていました(笑)

なぜこの話をしたかというと、丁寧な言葉が絶対的なものではなく、障壁になることもあるって事を言いたくて例として出しました

過去記事に更に掘り下げた内容が書いてあるんで読んでください!

www.tomo-nu.com

 

もしあなたが丁寧過ぎる言葉を使っているのであれば、こういう例もあるということを覚えておいてください

 

空気を読みすぎる

実はこれもNGでした

角が立つのを恐れて相手の意見に合わせてばかりでは良い関係を築けません

なぜかって?合わしてばっかの人は面白くないからです

なので自分の意見を言う勇気を持ちましょう

あなたの意見に合わしてばっかりの人間がいたとします!

あなたはその人をどう見ますか?最初はいいけど時間が経つとどうでしょう?自分の意見も言う人間と比べたらどうでしょう?

空気を読むことそのものは大切ですが、何事も限度があるというわけです

 

あなたが喋るの苦手な場合はこうするといいかも

やっぱり人と話すのが苦手な人もいるでしょう!そんなあなたにはこんなトレーニングがオススメ!それは・・・

独り言の癖をつけよう!

え?あほかって思いました?笑

でもね、これ効果あるんですよ

独り言って声に出して何かを喋っているわけですから、自然にトレーニングになっているんです!

声に出している効果は大きく、人と話す時が来てもスラスラ話せるようにもなっちゃうんです

普段から声に出して何かを話しているからって理由で

ちなみに私も独り言が多いです(笑)

でもそのおかげで人と話す練習を常にしているようなものなので、職場などでは助かっています