トモーヌのひとりごと

レゴや音楽、政治などを扱う雑記ブログ

「やりがい」を悪用するブラック思考に注意しろ

 

f:id:tomooooon-jesse-oitan:20171108181555j:plain

よく日本では仕事で「やりがい」を重視する傾向があるようですね

私もこの言葉は聞きなれています

「やりがい」そのものは良い考え方というか素晴らしいものである事は間違いありませんが、これを悪用し低賃金で働かせるブラック企業もいるわけですね

今回は「やりがい」について考えていきましょう!

 

 

「やりがい」の名の下に搾取する場合

5年前、居酒屋の店長をしている人と話す機会がありました

その人はいわゆる「雇われ店長」です

彼は店長という肩書きと店を自分で回していることに「やりがい」を感じていました

ほとんど休みは無く週6~週7で働いており、15時~4時過ぎまで働いているらしいです

営業時間をざっと超えているわけですよ

それで給料は手取りで約25万くらい

私はサビ残問題について聞きました、すると

「やりがいがあったら普通だしそもそも店長だから残業代出ないよ、何言ってるの?」と返されました

彼は自分の立場が「管理監督者」に該当するかどうかについて疑いを持っていないわけです

もし「管理監督者」とならないなら時間外手当を貰う権利があるわけで、月の給料もかなり変わってきます

会社側も肝心な給与についてはノータッチという

 

そういえば某企業は「やりがい」の名の下に酷い労働環境で働かせるという問題もありましたね

肝心な事は気にせず「やりがい」で納得してしまっている

なんか違和感を覚えるのは私だけでしょうか?

 

やりがいは自分が決めること

基本的に「やりがい」は自分で感じて納得するものです

だから会社や他人が「やりがい」を押し付けているのであればそれはおかしいんじゃないでしょうか?そして「やりがい」の対価の一つとしてお金であることは間違いないと考えています

しかし何故か日本は「お金」=「やりがい」にすると良くない空気があります

例えば就職の面接の時に志望動機を聞かれた時、

「御社の仕事に興味があり、給与も高いからです!」

なんて言ったら悪印象になりかねません

なぜでしょう?

給与が魅力である事を面接で言うのは悪なのでしょうか?ケースバイケースでOKな会社もあるでしょうが、だいたいはあまり良い印象を持ちません

私もそう思っていましたから

この場合「給与が高い」から派生して自分の考え方を言えば好印象になりえます

会社からしたら「うちの給与の高さは魅力なのか」と思えば気分も悪くないでしょう

ネットを見ていると「やりがいがあれば低い給与でいい!」とか「やりがいあればサビ残OK」的な発言がありますけど、確かに本人がいいならそれでいいでしょうが、それによって周りに迷惑かかるのであれば考えなおす必要があるかと思います

 

ここで例え話を・・・

自分の会社に俗にいう社畜と呼ばれる人が居るとします

あなたは定時までに仕事を終わらせるタイプですが、社畜さんは毎日サビ残しています

これが1対1ならまだしも1対3ならあなたは周りからどう思われるでしょうか?「なんであの人は定時で帰るの?みんな残っているのに」って思われる可能性があります

こうなると定時までに仕事を終わらせている人は迷惑でしょう

真面目に早く仕事を終わらせる人が割に合わない・・・おかしいよな

 

そもそもサビ残をやめろと言いたいですね、なんで残業代貰わないの?

 

ってことで、給与が高い=「やりがい」という式は認められるべきではないかと

やりがいは個人個人違います!

 

まとめ

f:id:tomooooon-jesse-oitan:20170903155845j:plain

やたら「やりがい」を重要視しちゃう日本

これは一つに転職について良い印象が無く、1つの会社で長くいればえらい!という考えが根付いている日本ならではの考え方かもしれません

確かに1つの会社で頑張る事は素晴らしいし、その会社において重要な立場になるでしょう

だからといって転職することを良くないと思うのってどうなの?って思います

「やりがい」を求めた結果、転職という答えになることだってあるわけです

あと精神論や根性論が好きな人も「やりがい」を求めたり人に押し付けたりする傾向があります

本人で決めて納得するならいいのですが、周りの人間に押し付けるのは問題があります

世の中には精神論や根性論が嫌いな人もいるわけで、そういう人に「やりがい」を熱く語ってもウザイだけなので止めましょう

やりがいも個人それぞれで決めておけばいいんじゃないかと