トモーヌの日替わりブログ

日替わりで話題を変えるブログ

【初心者歓迎】DTMに使用するパソコン選びに必要な4つの条件

f:id:tomooooon-jesse-oitan:20171117181511j:plain

おっす、今日はDTM用のパソコン選びを書いていく!

前回はトモーヌの周辺環境を書いたが、パソコンについてはこれまで詳しく書いていなかった

 

www.tomo-nu.com

 

通常のパソコン選びについても過去記事で書いている

 

www.tomo-nu.com

 

とまあこんな感じなのだが、DTM用のパソコンについては書いたことが無かったのだ

これからDTMを始めたい人はどんなパソコンを選べば良いのかを教えちゃいます

5年使う前提で話を進めますのでご注意

 

CPU!絶対これは妥協するな!

よくDTMで重要なのはメモリと言う人がいる

確かに重要ではあるが、これからはCPUが特に重要になってくると断言しておく

一昔前と比べて今のCPUは多コア化が進み、6コアや8コアが普通になってきた

インテルですら通常モデルで6コアのCPUを発売してきた

 

ソフトウェア側もこれから多コア化に対応していくのは間違いなく、クロック数よりもコア数で処理する事が望まれる

対応しているならクロック数が高い4コアより、クロック数普通の6コアのが処理が早いのだ

なので「DTMをしたい」って考えるのであれば多コアのCPUを搭載したパソコンを選ぼう

 

すぐ買い換えるのなら別にいいが、パソコンは基本的に長く使うだろ?

ちょっと出費が嵩んでも、5年間第一線で使えるほうがコスパが良いと断言する

 

メモリ(RAM)!積めるなら多いほうがいい!

これは他の人もよく言っているし、皆も知っているだろうから特に言う事は無いんだがあえて細かく書いてみよう

 

16Gあれば大丈夫だと思うが、長く使うのであれば32Gを推薦します!

ソフトウェア音源を使う場合はCPUとメモリの性能が絶対必要なのだ

その中でもオーケストラ音源はとても負荷が高いと言われている

 

トモーヌのDTMパソコンの例を教えようか

EASTWESTの激重い音源を24パート立ち上げて、他の音源26パート立ち上げて鳴らした時のメモリ消費量は・・・

12Gだった

うん、意外とメモリ使用していないのよね

この結果を踏まえると、これから数年DTMするなら32Gあれば大丈夫!って結論になった

 

SSD!これも絶対必須になる!

ハードディスクに代わる新しいストレージとして登場したSSD、今では主流になりつつあるね

だがいかんせん価格が高いので導入していない人も多いだろう

はっきり言っておく

これからはSSDが絶対必須になる!基本装備になる!

だから今からSSD導入をしておけと言いたい

理由は読み込み速度だ!マジで早い!!HDDと比べると雲仙の差だ

 

ソフトウェア音源にしても録音した音にしても、DTMで使う音はそれなりに容量が大きいので読み込みも時間がかかるものだ

SSDにすればその問題を解決する事が出来る

私のオーケストラ音源の場合だと、HDDなら3分かかるが・・・

SSDなら10秒くらいだ

音楽制作は時間との勝負でもあり、時間はコストであると断言します

そのコストを下げるのは作業効率を上げるだけでなく、あなた自身のストレスも軽減します

 

時間がかかるのってストレスになるのよ、結構ね

ストレス対策って音楽制作において重要なのよ

せっかくやる気が出てるのに、読み込みに時間かかりまくってストレス溜まってくると「あー、もうやめようかなー」ってなっちゃうものだ

だからストレスを感じないDTM環境作りが必須なのだ

そういう意味でSSDをオススメしたい

 

SSDはその性質上、容量が多いほうが寿命も長い

とはいっても値段が高いので財布には辛いだろうが、最低でも500GBくらいのをオススメしたい(出来れば1TB)

 

USBポート!地味だが重要

パソコン選びにおいて地味に重要な事はUSBポートだ

私の周りでもこの点をおろそかにしてしまう人が非常に多い!

「え?USBポートのどこが重要なの?」

↑そう思ったそこのあなた!その認識では後で後悔するぞ!

 

今現在USBポートの規格は2.0と3.0だけでなく3.1もある

古い機材だと2.0でないと認識しない事もあるらしい

最低でも2.0ポートが2つ、3.0ポートが6つ以上のパソコンを選びましょう

自作の人は上の条件を満たしたマザーボードを買いましょう

 

BTOとかでパソコン本体を買う人は、本体のフロント部分のUSBポートの位置もちゃんと確認したほうが良い

使い勝手はもちろんの事、モデルによってはフロント部分のUSBポートの数も違う

(トモーヌのメインパソコンはフロント側にUSBポートが6つある)

フロント側にUSBポートが多いと楽なのは言うまでもない

 

最後に「この性能のPCを買えば5年は大丈夫」

f:id:tomooooon-jesse-oitan:20170813152803j:plain

CPU:6コア以上

intel

  • i5-8600K
  • i7-8700K

AMD

  • Ryzen 5 1600X
  • Ryzen 7 1700

メモリ(RAM):32GB

ストレージ:SSD500GB以上

USBポート:2.0と3.0合わせて8つ以上

この条件を満たすパソコンなら5年くらいDTMを楽しめるだろう

もちろんジャンルや使う音源、趣向によっては低性能でも可能だ

しかし年数が経つにつれ新しいソフトや音源を入れたくなるのが人間だ

「あーこの音源&ソフト欲しいな、買ってみよう」ってなってもパソコンのスペックが足らないとガッカリしてしまう

だからDTMに使うパソコンは妥協しないほうが良いだろう

 

ついでにトモーヌの音楽用パソコンのスペックを書いておくよ(2016年に自作で組んだ)

CPU:i7-6700K

メモリ:64GB

マザーボード:MSI「Z170A GAMING PRO」

SSD:256GB(OS用)

SSD:960GB(音源ライブラリ)

USBポート

2.0:6つ

3.0:6つ

3.1:2つ

 

このパソコンでDTMオーケストラをしているわけだが、「CPUの性能を上げたい」って欲が出ている(笑)

SSDも容量多いモデルに換えたいしね

メモリに関してはこれで十分どころか使い切った事が無い(32GBあれば大丈夫だった)

 

上にも書いたが、周辺機器が多いとUSBポートが沢山必要なのだ

私の場合、合計14つあるがほとんど埋まっているのですよ

電子ピアノやMIDIキーボード、インターフェイスなどなど・・・

繋げる機器が多ければ多いほど必要なのがUSBポートだ

 

今回の記事を是非参考にしてくれ!

善きDTMライフを!