トモーヌのひとりごと

レゴや音楽、政治などを扱う雑記ブログ

【アホ】昔の友人から連絡が来た→マルチ勧誘【間抜け】

f:id:tomooooon-jesse-oitan:20180219211941j:plain

いつの時代も変わらないマルチ勧誘の手口

皆さんも一度は経験あるかと思う!

 

今回はマルチ勧誘は絶対断るべき理由を書いておく

 

マルチ勧誘=友達では無くなる

もしあなたが知り合い&友達からマルチ勧誘を受けたのであれば、その時点で友人関係が破綻していると断言して良い!

勧誘してくる人は聞こえの良い言葉を使ってあなたを誘惑してくる!例えば・・・

「あなたにだけ教えるのよ!」

「一緒に人生を変えましょう!」

「これで人生が変わった人がいるのよ!」

こんな感じの文言であなたを誘うのですが騙されてはいけませんよ

断言してもいいですが、こんな程度の低い勧誘してくるビジネスであなたが成功する確率は1%もありません

目的はただ一つ!あなたをカモにしようとしているのです

 

勧誘する人の心理4タイプ

まずいくつかに区分されます

主観がほとんどですが経験上こんな感じでした

 

昔の友人を勧誘するタイプ

人間関係が浅い順番に勧誘していくタイプで、勧誘する相手の事を「縁が切れてもいい」と考えている

自分さえ良ければ良いという考えが露骨に表れている

経験上、仲の良い友達が少ない人に多い

言い換えると友人関係を作ることが苦手なのかもしれない

頭の中は目先の金しかなく、セミナーにより洗脳されている

 

仲の良い友人を勧誘するタイプ

自分1人で行動するのが苦手な人に多い

責任能力が無く人のせいにしたり言い訳が多い

結局何をするのも人任せで友情を盾にあなたを働かそうとする

誤って善意を見せたらとことんつけこみ甘えてくる

友達=自分の都合の良い存在

↑このように考えていることが多いだろう

無論目先の金しか頭に無いので、あなたの事を金づるとしか思っていない

 

誰でもかまわず勧誘するタイプ

いわゆる飛込み営業が得意な人に多く、保険の営業が得意な人も多い

マルチを完全にビジネスとして捉えており数字を上げる事に尽力を尽くすタイプ

勧誘の仕方も上手く相手を騙す事に長けており、知識が無いと丸め込まれる可能性が高く危険

あなたに対して「こいつは誘いに乗らないな」と感じたらパッタリと連絡を絶つドライな対応をしてくる

「ダメなら次に行く!」って考えが強いのかなと

 

単純にバカなタイプ

世の中の事はもちろんの事、社会常識や法律などの一般教養が全く無いタイプ

思考力が非常に低く一般的に「バカ」と呼ばれる人

あなたがマルチのデメリットを説いたとしても全く動じる事が無いので、ある意味最強かもしれない

「よくわかんないけど一緒にやってみようよ」

とポジティブに誘ってくる

悪意が無いのでタチが悪い

 

全てのタイプに言える事

それは目先の金が一番優先であり、あなたの事は大切に思っていないってことだ

よく考えたら分かることだが、色んなリスクがあるマルチ(ネットワークビジネス)をあなたに勧める時点で自分の事しか考えていない非常に自己中な人間なわけだ

適当な言葉遊びやおべっかを使って誤魔化しているが、彼らの目標は「金」である

自分の収入の為にあなたを誘って働かそうとしている

そしてあなたが損をした時は自己責任論を振りかざし逃げるわけだ

 

とても悲しい事だが、友人がマルチ勧誘してきたらその時点で友人関係は終わっているって事だ

その後関わってもあなたにとって良い事は一切無いだろうから縁を切ることを勧める

 

まとめ

f:id:tomooooon-jesse-oitan:20180219212640j:plain

マルチ勧誘って客観的に見たら「誰がそんな誘いに乗るんだよ(笑)」って思うのだが、実際自分の友人から誘われると動揺してしまうのだ

そこを突いて勧誘してくるので未だに被害者が多い

勧誘に対して不安がある人のために今回の話をまとめておく

  1. 勧誘してきたら友人終了のお知らせ
  2. あなたを金づると見ている
  3. そもそも稼げる話を人に言うわけがない
  4. マルチで一番稼いでいるのは胴元
  5. 儲け方は自分で作るものである

この5か条を覚えておけば大丈夫だ

勧誘の断り方は「そういうの苦手だから無理」とか「別に人に当たって」って感じでOKです

 

捕捉ですが、マルチ商法ってサイクルが非常に早くて毎年新しい会社が発生して消えていきます

商品のサイクルも早く、今あるものも数年後には絶滅することも珍しくありません

寿命が短いので長く行うビジネスとしては不利なのです

 

マルチ以外でも言えるんですけどね

サイクルが早いモノにはご注意を!