トモーヌのひとりごと

レゴや音楽、政治などを扱う雑記ブログ

日本の労働環境を良くするには労基法の罰則を強めるしかないかも

f:id:tomooooon-jesse-oitan:20180207203537j:plain

日本は先進国でありながら労働問題に対して無頓着というか意識が低いというか、問題意識を持って声を出すことがあまりありません

こうなってくると労働者側は立場が弱くなり雇用者が無理難題を言ってきても「わかりました」となるパターンが横行します

ってか現時点で横行していますよね

本来労働の理由は収入の為であり、プラスアルファとして「やりがい」などが含まれるわけです

労働環境を良くするには罰則強化しかないかもしれませんね

 

フランスの例

最近のニュースでこんなものが

www.theguardian.com

概要を説明しますとこんな感じ

とあるフランスのパン屋が罰金を支払うように命じられた

理由は週に1回の休みを取らなかったからだ(7日連続開店した)

店主は支払いを拒否し署名を2000人ほど集めたが少数派であり、「従業員が休むことは絶対必要だ」という意識が多数派であるようだ

さあこのニュース、皆さんはどう感じましたか?

日本では年中無休24時間営業が珍しくありません

コンビニが閉まる時は改装か潰れる時ぐらいです

なのでフランスのように「週に一度休むのが当たり前だ!」ってなれば混乱を招くかもしれないですね

 

しかしこの話、地方の雇用法に違反しているから罰金になったそうで

「パン屋(食品業界)は週1休みにしなければならない」と、ある程度業種を絞っていますね

フランスでは業種ごとに細かく法を制定しているのかもしれないね

 

日本も罰則強化すべき?

「フランスの例は極端だろ」と感じる人もいるかもしれないが、私はフランスの人の考え方を見習うべきと思う

まず「休むことの重要さ」を大切にしている点である

ノンストップで働く事を美談にしたり評価の基準にしないところは日本人は見習うポイントであると言いたい

だって休みなしで働いたら疲れるじゃん

「何の為に生きているんだろうか・・・」って思ったり、心身共に疲れてしまい体にも悪いよね

多分多くの日本人もそう思っているかもしれない「働きすぎは良くない」って

でも「何となくの空気」や「暗黙のルール」で仕方なく働いていることってあるわけよ

だから人の意識で改善出来ないなら法で縛るしかないと考えています

 

「日本の会社は労基法を守らないじゃないか」

↑こう言う人もいますよね、その通りで守っていない企業は多いですよね(私の周りにも多い)

法より職場の暗黙のルールが優先されているということですから「守るべきルールを破って働かせている」わけです

労基監督署にかけこんでも証拠不足で取り合ってくれなかったり、こちらが無知なのをいいことに無茶苦茶な労働環境で働かせたりする企業もいます

こうなるとね、刑事罰喰らわすくらいにしないと改善しないと私は思うのよ

 

違法労働は犯罪にすべき

基本的に違法な労働をさせるのは法律違反であり一応罰則もある

しかし上手く機能しないせいか日本では労働問題がはびこっています

刑事罰喰らわすくらいにした場合、どうなるでしょうね

「サビ残させたら犯罪者」って意識が広まるんじゃないかな

そしたら雇用者も下手な真似はしないでしょ

 

え?

「潰れる企業が増えるじゃないか」だって?

んじゃお答えしましょう

潰れて結構です!

某居酒屋チェーン店みたいな違法な労働を美徳とする企業なんか潰れてくれて結構ですよ

そんなアホな企業を淘汰したほうが健全ですし

むしろ法を破らないと運営出来ない時点でアウトです

何を言っても言い訳にしかなりませんよ

 

そこまで言うなら労働者側もこう言えるんですよ

「法を破るなら会社のルールも破っていいよな?」

法を守らない企業が偉そうなことをいうのはお門違いもいいところです

 

まとめ

f:id:tomooooon-jesse-oitan:20180128194812j:plain

罰則強化をしないといけないレベルってことはモラルが低いとも捉えれるわけですから恥であるわけです

「このくらいならいいだろう」って軽い認識から始まるものもあるでしょうね

しかし慢性化してくると違法な状態が普通になり、健全な労働環境が変に見えてきます

うん、とても異常な状態だ

何か悲しいですね、こうなっちゃう日本って