トモーヌのひとりごと

レゴや音楽、政治などを扱う雑記ブログ

2020年の東京オリンピックは問題だらけ

f:id:tomooooon-jesse-oitan:20180131195934j:plain

2020年のオリンピック開催都市が東京に決まり、一部では期待の声がある一方で不安の声もあります

私は「東京オリンピックは必要無し」と考えております

どうしてもするのであれば今から書く問題点を解決してからにしてもらいたい

暑すぎる日本列島

東京五輪の日程は2020年7月24日から8月9日までの17日間である

つまり滅茶苦茶暑い時期に開催されるのだ

最近も猛暑が続くが、そんな中で競技を行えば熱中症の危険もある

選手はもちろんの事、ボランティアを始めとしたスタッフ達も倒れる危険がある

規模の大きい大会だけに人数もケタ違いなので、倒れる人数もケタ違いになり救急隊も過労で倒れてしまうかもしれない

オリンピックは毎回夏に行うだけに「暑さ対策」は重要課題になっている

 

日本の暑さは湿度の高さから来るのが特徴である

一般的に言う「カラっとした暑さ」ではないのだ

ここ数日、とても厳しい暑さが続く日本では熱中症によって亡くなる人が出てきている

岐阜県では39度を記録しており、そのうち40度を超すだろうと思われる

東京でも35度に達しており、場所によっては35度を超えている

ただでさえ温度が高いのに湿度がプラスされるので体感温度は更に上がるし、汗の量も増えて熱中症になりやすくなるのだ

これまでの開催都市と比べて「気象条件が最悪である」という指摘もあるくらい厳しい環境なのだ

ま、運動に適さないって事だね

五輪ボランティア問題

正直言ってこういうイベントでのスタッフを「ボランティアで賄う」という考えは大嫌いです

あくまでもボランティアは自主的であることが前提であって、こういうイベント事で募集する性質のものでは無いと思うのですよ

労働力をタダで調達しようと考える姑息で卑怯な方法です

五輪ボランティアには種類が2つあります

大会ボランティア

運営主体が「公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会」で、主な活動内容が

  • 観客サービス
  • 競技運営サポート
  • メディアサポート
  • その他

となっており、活動場所は競技会場や選手村などの大会関係施設となっています

活動内容はこんな感じです

f:id:tomooooon-jesse-oitan:20180716201718j:plain

活動日数は10日間以上ですが連続での活動は5日以内となるので、会場近くに10日以上滞在しないといけないわけです

パラリンピックのボランティアも同じ条件なので、どちらの大会も参加するばあいは活動日数20日以上となります

 

時間は1日8時間程度(休憩・待機時間含む)

f:id:tomooooon-jesse-oitan:20180716194049j:plain

f:id:tomooooon-jesse-oitan:20180716194054j:plain

※公式HPから引用

ぱっと見、休憩時間が設けられているので問題なさそうですが、競技はイレギュラーが付き物なので予定通りにはいかないでしょうし、ボランティア不足になれば8時間以上の活動しないといけないかもしれません

「とりあえずこんな予定だよー!予定は未定!」

こんな曖昧な内容で募集人数は80,000人だそうです

ちなみに離島に住んでいる人は研修を受ける為に会場まで行かないといけません

海外在住者はテレビ電話でオリエンテーションや研修が受けれるのにね

スケジュールはこのようになっています

f:id:tomooooon-jesse-oitan:20180716200011j:plain

遠方の人は苦労しますよコレは

資料を見ているとボランティアに何でもやらせようとしている上に行き当たりばったりなパターンかと思うのですよ

ナメてますね

都市ボランティア

その名の通りで運営主体が東京都が募集しているボランティアの事です

主な活動内容が

  • 旅行者に対する観光・交通案内
  • 会場までの観客案内
  • ライブサイト運営のサポート

活動期間は5日以上で、1日あたりの活動時間は5時間程度としています

しかし活動時間とは別に開始前と終了後に各30分程度のミーティングをするそうです

 

イラっとくる記述があるので紹介します

積極的に応募していただきたい方

  1. 東京 2020 大会の都市ボランティアとして、活躍したいという熱意を持っている方
  2. お互いを思いやる心を持ち、チームとして活動したい方
  3. ボランティア経験がある方
  4. 東京の観光、交通案内等に関する知識やスキル・経験を活かしたい方
  5. 防災・防犯・救命救急等に関する知識を活かしたい方
  6. 英語やその他言語及び手話等のスキルを活かしたい方

このなんというか精神論があるような書き方で尚且つ「やりがい搾取」と捉えれる書き方にイラっときますよね

都合のいい人材が欲しいだけなのでしょう、しかもタダ働きで

募集人数は30,000人、本当に集まるんでしょうかね?

 

安易に応募すると痛い目に合いますよ

単純に当日だけ活動するわけじゃないのです

f:id:tomooooon-jesse-oitan:20180716195623j:plain

ね、こんなに研修に参加しないといけないのです

普通に働いている人が参加出来るわけないでしょ

 

一応保険は無料で加入できるそうですが、交通費や滞在費は自腹です

トラブルが予想されるボランティア活動

本来のボランティアの意味から離れている五輪ボランティアですが、トラブルが頻発すると思われます

  1. ボランティア達が熱中症で運ばれる危険性があり、それに伴う人材不足で過労になるボランティアが出てくる
  2. 劣悪な環境での活動をツイッターなどで拡散されて叩かれる
  3. ボランティア不足を補うためにいい加減な人材を入れる
  4. 質が下がり更なるトラブルを起こす
  5. SNSで拡散
  6. 熱中症で亡くなる人が出る

こんな感じになると予想しています

国を問わず、ボランティアを労働力として期待するオリンピックのあり方に疑問しかありません

普通に報酬を出して、交通費と滞在費も出せばもっと集まるでしょうね

「それくらい出せよ」って話ですよ

規模の大きい大会なんだから当たり前でしょ?

対価も出せないならオリンピックするんじゃねぇよ

 

組織委員会はボランティア活動参加の妨げとなる要因について実態調査もしており、「なぜ五輪ボランティアの評判が悪いのか」の原因も分かっているはずなのです

f:id:tomooooon-jesse-oitan:20180716200904j:plain

「活動に参加する時間が無い」が1番で、続けて「経済的負担が大きい」が2番です

参加してほしいならこうすれば良いのが分かります

  1. 費用全負担と報酬を出す
  2. 参加者の職場に何らかの恩恵を与える

これすらやろうとしないくせに募集すんなって話です

さいごに

ボロボロの五輪になるかと予想しているので期待も何もありません