トモーヌのひとりごと

レゴや音楽、政治などを扱う雑記ブログ

学校が熱中症を軽視している原因はコレ

f:id:tomooooon-jesse-oitan:20180213210012j:plain

連日恐ろしいくらいの猛暑が続きますね

亡くなる方も出始めており、早急な対策が求められます

 

小学1年生の児童が校外活動で熱中症になり亡くなってしまった事件がありましたね

www.huffingtonpost.jp

当然、担任の教師は叩かれているようです

ネットの上の意見の中に「担任を裁いても根本的解決はしない」という人もいます

って事で今回は学校教育においての熱中症問題解決方法を書きます  

現場の教師に権限が無いのが問題

普通に考えて自分の生徒が熱中症になりかけていれば、授業を中止して処置しようとするはずです

しかし担任の教師は判断を誤っていますね、どうしてでしょうか?

記事に校長のコメントが載っているので引用する

「これまで校外学習で大きな問題は起きておらず、中止する判断はできなかった」

文言からすると現場の教師に中止する権限があるとは思えません

学校教諭はスケジュール通りに授業を行うので想定外の対応に慣れておりませんし、勝手な判断は上に怒られる可能性があるので「危ないから中止」って出来ません

やるにしても上に確認を取ってからでないと無理でしょう

なので今回の事件のように男児が「疲れた」とSOSを出しても「勝手に校外学習を中止には出来ない」と考えてしまい「この場を乗り切るしかない」となってしまいます

児童の生命の危機が二の次になってしまっているんですね

校外学習を終えたあと教室に戻ってからも担任は男児の様子を見守っていたそうですから、男児の体調不良を把握していたと予想されます

しかし自身に権限も術も無いから見守ることしか出来ず、最悪の結果を生み出してしまったのです

 

もし現場の教師に権限があれば

「熱中症になるから校外学習は中止!」

こう言えるわけですから、悲しい事件を起こさなくて済みます

熱中症の知識が無い学校

こんな事件を起こすくらいですから学校側に熱中症についての知識は皆無と言えます

  1. 中止の判断が出来ない
  2. 男児が意識を失ってから救急搬送

完全に後手に回っていますよね

男児が意識不明になる前に熱中症の症状が出ていたはずなのです

担任がすべきこと、それは男児が「疲れた」と発言した時点で熱中症を疑うべきだった

  1. 体温測定
  2. 汗が止まっているかどうか
  3. 脂汗が出ているか
  4. フラフラしているか

こういった症状があるかどうかを確認して、熱中症と思われるならば日陰に行き体を冷やす処置をしなければいけませんでした

熱中症は体温が上がり続けるので、まず冷やすことが必要です

この時点で教師が抱えれる範疇を超えているので、救急搬送か病院へ運ぶという手段も考えなくてはいけませんでした

 

校外だけでなく校内でも室温が37度だったそうだから、校内でも熱中症になる可能性は大なわけです

いつ児童が熱中症になるか分からない状態なので、教師は熱中症についての学習が必要です

そして教室にエアコンをつけるべきでしょう

www.asahi.com

今回の悲しい事件によって、豊田市は小学校のエアコン設置工事を前倒しで進めると発表したようです

そら犠牲者が出てしまったから「これはヤバイ」と思ったのでしょう

残念ですが日本は犠牲者が出ないと動かないのですよ

結局責任なんか取れない学校

事件があった学校の藪下校長の発言を見ていると責任感なんか全くと言っていいほどありません

「判断が甘かったと言われてもしようがない」

おそらく中止にすべきかどうかについてだと思われますが、高音注意報が出ているなか校外学習は自殺行為であるという想像が出来ていなかったわけです

それに子供は大人よりも身長が低いので地面からの照り返しを受けますので、我々大人よりも暑さを感じ易いのですよ

判断が甘かったのではない、判断が間違っていたんです

「毎年行われている活動で、この日も水筒を持参して飲ませるなど熱中症に配慮していた」

この発言からいかに熱中症をバカにしているかが分かりますね

「毎年行われている活動」って発言が最初に来るという事は、校外活動を行うことが一番優先されているわけですから、熱中症を甘く考えていたと私は思うのです

そもそも小まめな水分補給をしても熱中症になる可能性はあるわけで、水筒を持参させているから大丈夫だなんてアホ丸出しです

 

校長の会見の要点をまとめたツイートがあったので引用させてもらいます

正気とは思えない話ですね

 

とりあえず謝罪して終わりがテンプレとなっている学校側の対応には虫唾が走りますね

「現場の教師に中止判断の権限を与える」って言えばまだマシなんですが

教室にエアコンをつけろ

命を落とす危険がある猛暑に対してエアコン無しは危険です

学校にエアコンをつけるのは当然だと思うのですが、依然として設置が進みません

ま、学校予算が少なくて設置にコストがかかり過ぎるから無理っていうのは事実としてあるんでしょう

とある学校の校長先生と話す機会があった時に「予算が少なくて厳しい」と嘆いていたのを覚えています

 

津田大介氏がエアコン設置が進まない理由を分析しています

コストの問題は現場の職員達も知っている話でしょうね

ランニングコストも結局予算次第になってしまうので現実的に難しいとなってしまう

この二つは行政がOKを出せば解決するんでしょうけどね

 

津田氏も言っているんですが、厄介なのは③の精神論ですね

どうも日本は子供に我慢させる事が正解と考えているようですね

「小学生のくせに贅沢だ」

こう考える化石頭脳を持った人がいるでしょうから

 

家でもコンビニでも、車やバスに電車でも、色んな店や会社でもエアコンは普通にありますよね?

塾にもあるでしょ?

何で公立学校にエアコンを設置するのが問題になるわけ?

社会全体で見たらエアコン設置しない建物って少数派だと思うのですよ

まとめ

今回確実に言える事はコレ!

  1. 現場の教師に権限を
  2. 学校側に熱中症についての学習を
  3. 教室にエアコンつけろ

これを必須項目にしてほしい