トモーヌのひとりごと

レゴや音楽、政治などを扱う雑記ブログ

「ニヤニヤしながら歩く人」について考える

f:id:tomooooon-jesse-oitan:20180726173154j:plain

街を歩いているとき、車を運転しているとき、周りを見るとニヤニヤしながら歩く人を見かける時ありますよね?

あれは一体何なのでしょう

「ニヤニヤしながら歩く人」について真面目に考えてみようかなと

ニヤニヤ=怪しい

人は何故かニヤニヤしている人を見ると「何こいつ」と感じる

「怪しい」

「気持ち悪い」

「変な人」

ほぼネガティブな印象を受けるだろう

座ってニヤニヤしているなら「変な事を考えているんだろう」と思われるだろうが、歩きながらニヤニヤは意味が分からない

「ヤバイ事を考えているんじゃないか?」

そう思うだろう

 

何故怪しく感じる理由を考えてみたよ

理由も無いのにニヤニヤ

ニヤニヤとは一つの表現であるとすれば「ニヤニヤの理由」が無いといけない

しかし脈絡が無い、もしくは理由も無くニヤニヤはどう説明すればよいか見当もつかない

理由も無くニヤニヤしているのは非常に奇妙に見えてしまう

つまり説明がつかない行動だからそう感じるのだろう

もし何か嬉しいことがあったら、その嬉しいことが第3者から見て理解出来ることなら怪しく感じないはずだ

 

理由が無い時点で怪しいと認定されるのは当然といえば当然である

1人でニヤニヤ

誰かと何かにウケて笑ったり、誰かと何か話してニヤついたり

複数人でニヤついているのと単体でニヤついているのでは怪しさが違う

数人で話しながらニヤニヤしていたらここまで怪しくな・・・い?

いや、待てよ

場合によっては複数人でも怪しいかもしれぬ

 

うーむ

まあでも複数人いれば「ニヤつく理由」の説明が何となくつくし、周りから見ても「あー、何か話していてニヤついているんだな」と思われるだろう

1人でニヤついていれば「え?何この人、1人でニヤニヤしてるー!」となってしまい、ニヤつく説明がつかないので怪しいのである

「笑う」とは違う顔

 皆さん、町の人の笑い顔を観察してほしい

どうだ?明らかに笑っている顔ってニヤつく顔とは違うだろ?

それは何故なのか、、

私は非常に考えてみた

するとある答えが出てきた

それは・・・

ニヤつく時は口元だけ動くが、笑う時は顔全体が動く

同じ系統の表情でも動いている部分が違うから怪しく見えるのだろう

 

確かに口元だけニヤっているのに目がマジだったら怪しいというよりも怖さを感じるね

イメージが悪い

ちょっと頭がアレな奴、ゲームとかに出てくる狂ったようなキャラクターを思い浮かべてください

ニヤつきながら攻撃してくる敵っていますよね

ゲームだけじゃなく映画とかアニメでもそんなキャラがいる

これらのイメージがあるから、街でニヤニヤして歩いている人を見ると「お、ちょっとヤバイぞ」って身構えるんじゃないかなと

「もし攻撃してきたら・・・」

一度そう考えてしまうと抵抗感が出てしまい警戒する

この時点でネガティブな感情になるので「こいつ怪しいぞ」ってなるのだろう

 

実際に悪い人じゃなくてもイメージが悪いせいで「ヤバイ奴」って認定されちゃうわけだね

何故ニヤついてしまうのか

さてここからは「なぜ人はニヤつくのか」の理由を考えてみよう

常に妄想している

誰にも妄想する事はあるだろう

1人で部屋にいる時なら別に問題は無いが、外で尚且つ公衆の面前で妄想をしているのであれば問題だ

妄想に集中すればテンションも上がるだろうしウキウキする

その感情が表情に表れる

しかし外なので思いっきり感情を表現出来ない

セーブした結果、口元だけ動いてしまいニヤニヤになってしまうのだ

 

自分が超サイヤ人になる妄想をしてみれば

「俺最強じゃん」

こう考えれるから変にテンションも上がってしまう

その結果、根拠の無い自身も生まれて不敵な笑みを浮かべてしまうのだ

 

心当たりある人よ、バレていないだろうと思うだろ?

普通にバレてるから注意しよう

やましい事を考えている

常日頃、邪な考えを持ったり人には言えないようなことを考えたりする人はいるだろう

残念ながらその思惑のせいで分かりやすく顔に出ている

「フヘヘヘ」

こんな感じに何かを考えていればニヤニヤになってしまうのだ

 

そのやましい考えは決して君を幸せにはしない

何故ならニヤニヤとして周りに周知してしまっているからだ

人付き合いが苦手

人付き合いが苦手な人は感情表現も苦手である事が多い

更に自分の表情も把握していないことも多い

なので動画とか写真を撮って自分の顔を見ていると「こんな表情しているのか」とビックリするだろう

なのでニヤニヤしていることにも気が付いていない可能性が高いのだ

 

私達は人生において色んな人と接する

大切な場面でヘラヘラしていれば「そんな顔してちゃダメよ」と言われ、皆が笑っている場面でしかめっ面をしていれば「なんでそんな険しい顔してるの?」と言われる

何も無いのに笑ったりニヤニヤしていれば「おい、お前おかしいのか?」と思われる

これらの経験を元に、その場面に適切な表情を学習するわけだ

人付き合いが苦手でコミュ力に自信が無い人は、その場その場での最適な表情を作ることも苦手である

なので街を歩いている時にでさえ、何となくニヤニヤしてしまうのだ

 

うん、それでも君は悪くない

さいごに「ニヤニヤを暖かく見守ろう」

色々真面目に考えてみたが私なりの結論出す

ニヤニヤは悪くない

というわけだから、街でニヤニヤしながら歩いている人を見かけても暖かい気持ちで見守ってあげよう

 

ニヤニヤについて真面目に考えてみた今日この頃