トモーヌのひとりごと

レゴや音楽、政治などを扱う雑記ブログ

とてもアホな自爆営業を今すぐやめろ!拒否しろ!

f:id:tomooooon-jesse-oitan:20181021183547j:plain

クリスマスはケーキ、年末は年賀はがき、節分は恵方巻き、季節物が売り出されると必ず発生するのが「自爆営業」です

過剰に発注したりアホみたいなノルマを設定したりするせいで、売れ残りが発生する可能性が出る

よって従業員に買ってもらおうとするアホな奴等がいるわけです

こんなアホな風潮は潰すべきと断言します

強制なら思いっきり違法である

ノルマの設定自体は法的に問題ない

働いている店の品を買い取るのも別に問題は無い

じゃあ何が問題になるのか?

強制か否かが争点です

基本的に人に何かを強制する事は例外を除きやってはいけないことである

というか強要罪って罪もあるように訴えられるとアウトなのだ

強制性がある自爆営業は労基法違反にもなるので、そんなアホな命令も従う必要が無いのです

「買ってくれないと困る!」

「買わないならクビにするぞ」

こんな台詞を言われたらアウトなので訴えてやってください

 

悪質な店では給与から天引きをする事例もありますが、これも労基法違反なので訴えることが可能です

「勝手に天引きすんなボケ!」という話です

何故無くならない?

日本の風潮のひとつで「空気を読む」の悪い使用例が自爆営業なのです

いわゆる暗黙の了解であったり、「皆がしているから」という空気感で迫ってきます

買わなければ「何で?皆も買っているのに」と同調圧力を加えてきます

結果として「自主的に」買わされてしまうので、この手の問題が解決しないのです

 

自主的であれば違法とならないので、空気感で買わせるようにするんですよ

姑息なんですよね

対策は?

まず会話は録音すべきです

レコーダーなどを使って長時間録音しておきましょう

違法発言をピンポイントで録るのは至難の業なので、8時間以上連続で録音出来るレコーダーを使いましょう

16GBくらいのSDカードなら可能でしょう

 

私の場合「お、今日は録音したほうが良いな」って思ったら朝からずっと録音しっぱなしです

後で問題発言の部分を抜粋すれば良いだけですからね

いつ何時来るか分からない以上、常に録音したほうが良いのです

そうして手に入れた違法の証拠を使って訴えるなりして戦えばよいのです

断る勇気は大切

訴えるにしても時間と労力は費やさなければいけませんから気乗りしない人もいるでしょう

普通に面倒ですから

そんな人は断る勇気を持ちましょう

働きに行ってわざわざ出費を作る必要なんか無いのです

私の場合は「いらない物は買いません」とはっきり言います

ここまではっきり言えば大体の人は自爆営業を強要してきません

してきたら証拠を取って「いい加減にしろ」と言えば終了です

 

普通に「いらない」とか「そういうのはしたくない」と意思表示をすることは大切なのです

確かに勇気が必要ですが、一度断ることで後が楽になることはあるのですよ

これは仕事でも同じで、出来ない仕事を断る勇気はあなたを救います

まとめ「自爆営業をさせる会社はダメ」

従業員に自爆営業をさせる店なんかアホなので辞めたほうが良いでしょう

さっさと転職活動をしましょう

そのまま居ても長く勤めれる保証は無いし、あなた自身が耐えれなくなる可能性だってあるのです

だったら早めに見限って転職をしたほうが賢明なのですよ

 

ちょっとの勇気を出せば自分を守れるのです