トモーヌのひとりごと

レゴや音楽、政治などを扱う雑記ブログ

ひろゆきは賢いように見せる天才!専門家でも無いのに謎の説得力

f:id:tomooooon-jesse-oitan:20200221182921j:plain

以前、Twitter上で『ひろゆきvsフェミ界隈』が勃発していました

 

ネット生活が長い私は昔2chを住処にしていました

その頃から『西村ひろゆき』の存在は知っているのですが、ここ近年で識者的なポジションを確立してちょくちょくメディアに出ていることに疑問です

正直「何でひろゆきが出てくんの?」って思いますよ

ってことで、一ファンとして「ひろゆきの凄いところ!」を皆に教えちゃおう!

論破力

西村ひろゆきと聞けば「相手を論破をする人」というイメージが強いだろう

事実彼が議論の場に立てば、相手の矛盾点や揚げ足を取って論破しようとする

本人としては、単純に疑問に思ったことを聞いているつもりだろう

ひろゆきは相手の発言をよく聞いて、内容に矛盾点が無いかを探す癖がある

ちなみに倫理的にどうとか善悪関係なくて、単純に相手の矛盾点をつくのである

よって、その議論の中でひろゆきが相手を論破しても、誰かを喜ばしたり皆にとって良い結果をもたらすことは無い

単純に議論を制すればOKなのだから

 

正義だとか倫理的にどうかとかはどうでもいいんです!

ただ目の前の相手の矛盾点を見つけてツッ込むのが彼の遊びなのです

さっすがひろゆき!

議論の場で議論ではなく、ゲーム感覚のディペードをしてしまうんだから凄い!

相手に「あれ?この議論で何が生み出せるんだろうか?」と思わせてしまう論破力に毎回ビックリしてしまう!

 

ちなみに真面目な人ほどひろゆきとは相性が悪いです

プライドも失うもの何も無いタイプや、本物のペテン師、物凄く口喧嘩が強い人ならひろゆきに論破されることはありません!

有名なのが上念司との議論(というより静かな口喧嘩?)

www.youtube.com

これを見ればひろゆきの苦手なタイプが分かるでしょう!

上念司はひろゆきを遥かに凌ぐ詭弁の達人なのです(この時は今よりマトモだったかも)

まあ上念は基本的な経済の勉強はしていますからね

 

ひろゆきの揚げ足取りに対し、ほぼ即答で反論する上念司

さすがに「まともに話出来ないー」と思ってしまいますよ

後半になってくると「みんながラーメン屋をやったら~」とか極論をしつこくぶつけています

さすがの上念司も「みんながやったらダメじゃないですか(笑)」と失笑しながらツッコミを入れていますね

そんな極論暴論も長くは続かず、ひろゆきは自滅するようにトーンダウンしていきます

 

でも論破力は一般人よりあるので負けるなひろゆき!

ひろゆきの戦略

上念司との議論(討論かな)で見れば分かるが、ひろゆきは極論を吹っかけて相手の矛盾点をつこうとする

相手がその極論に答えるとひろゆきは、その内容の矛盾を探して質問を続けていく

…という戦略をいつも使うのだが、相手が一枚上手の場合は、この攻略法では厳しいのである

ひろゆきは余裕が無くなると、極論を何度もふっかけてしまうのである

これが痛い!

これがなければ長時間の討論でも大丈夫なのだが、極論を言いすぎるせいで自論に矛盾が生じてしまう

 

勝部元気さんとツイッターでハフィントンポストの記事についての討論が脱線していき『男女平等』の話になりました

↑これはまさに極論をふっかける戦略ですよ

しかも「あなた達が〇〇を目指すなら、これらの意見を賛成してくるでしょう?」と勝手に決めつけています

そうそう、これこそひろゆきの戦略です

しかも自分の記事のURLへ誘導するあたりは「さすが!」ですね

PV稼ぎおいしいです

ま、当然ですが女性専用車両が生まれた経緯を考えたら、ひろゆきの発言はただの暴論です

ほら!バトルがどんどん進むと極論に極論を重ねるでしょ!?

勝手な解釈を相手に質問形式で投げかけています

ちなみにこれはひろゆきが極論に偏り過ぎているので、上念司との討論の時と同じパターンに陥っています

企業が集客のために行っているレディースデー、酷い事件があったせいで生まれた女性専用車両と、個人の能力や人柄で(性別で決めることが難しい)で決める会社役員と同じ土俵に上げるのは間違っていますね

最初から破綻した論理をぶつけているので、議論にならないのは当然です

例えば人事で「君は女性だからダメ」って言ったらアウトでしょ?

ただの差別ですからね

しかし「会社役員の半分は女性役員であること」といったことを法で決めるのもアウトなのです

人員的に無理な会社だってあるでしょうし、個人の能力で決めたいのにこんな決まりあったら会社運営に支障が出ますよ

 

でもね、ひろゆきの凄いところはね

こんな極論暴論を言っても支持してくれる人間が一定数いるんです!

ファンがいるんですよ!

凄いでしょ?

普通なら「こいつアホやん」と言われることも「すげぇ!完璧な論破!」と言われるんです

そうです、ひろゆきにはカリスマがあるんです

ここはね是非褒めてあげてほしい!

何で議論が強そうに感じるのか

これは簡単である

そもそもひろゆきは主義主張をしないからです

んでもって「僕は聞かれたから答えたり質問していますー」とか「別にどっちの味方でも無いけど~」というスタンスを保っているのです

この状態で議論していけば、たとえ矛盾が発生しても、ひろゆきはどっち側にも立たないわけですから、第三者から見ても「負けない」ように感じるんです

周りにも負けが認識されにくいスタンスで、相手の矛盾点を指摘・質問して極論をふっかけて矛盾点をあぶり出すを連発すれば「なんかよく分からんけど強い!」と視聴者が感じるようになるんです

 

ファン歴15年の私がこれまでの彼の活動で感じたことです

別に専門家でも識者でもない

ひろゆきのファンなら彼のことを「賢い人間」「天才」と思うでしょう

でもね、彼は別に専門家でも識者でもないんですよ!

凄いと思いませんか?

ただの元2chの管理人だった人ですよ

それがファンから崇拝されて、色んな番組でも賢い論客ポジションにいるわけです

そうです、これこそ彼の凄いところなのですよ

 

何にも無くても一定のポジションをゲット出来るのが彼の才能なのです

これは見習ったほうがいいですよ

ほら、会社にもいるでしょ?

全く仕事も出来ないし態度も悪いんだけど良いポジションにいる人

実は「あなたの感想ですよね」は自虐である

有名な画像で「あなたの感想ですよね」というのがある

客観的な根拠が無く主観でしかない意見を、さも事実の様に語る人間に対して使う言葉なのである

ま、確かに使い方は正しいです!

でもね、当の本人は結構な確率で自分の感想を言っているんですよ

よく彼は「~思うのですよ」という言い回しを使います

ただ普通のアホとの違いは「~は事実です」という意味を持たせないようにしているところです

だからツッコミが入りにくい

ここがひろゆきの技術なんですよ

では引用しながら説明しましょう

西村:あと、日本の男性には「生まれ変わったら女になりたい」っていう人、そこそこ多いと思うんですよね。

髙崎:えええ! 日本の女性の生きにくさが見えていないんですか!?

西村:うーん、女性は顔がある程度かわいければ、そこそこまともな結婚ができて一生食いっぱぐれない。けど男性はイケメンでも二十歳過ぎたら仕事ができないと行き詰まるよな、という感じで。 

ひろゆきの最初の発言は明らかに主観です

まさに「あなたの感想ですよね」なわけです

ちなみに私は生まれ変わったら女になりたくありません(笑)

次に相手の方が「日本の女性の生きにくさが~」と根拠を出さずに発言しています

つまりこれもただの感想なんです

自分の感想を聞いた相手が、更に感想を述べるというリレーが生まれていますね

こうなると別に感想を言い合っても問題にならないんですし、相手に「ただの感想」というボールをパスしているので、ひろゆき本人が突っ込まれることはありません

故に見ている方も別に気にしません

 

ここ皆さんちゃんと覚えておいてくださいね!

予言を外しても気にしない!

別に特別な能力があるわけじゃないので、発言にズレがあったり予言が外れることもあります

でも彼は「外しちゃいましたー」って言うんですよ

これはツッコミが入らないようにする手段です

有名なのが「iphoneは売れない」という予言が外れた話ですね 

さいごに「真面目に議論しても何も生まれない」

一ファンの私からすれば、ひろゆきと議論したところで何も生まれません

するだけ無駄でしょうね

強いて言うなら彼の動画を見ているファンが「自分が賢くなった気分になる」がメリットなのかなと(ただの勘違いだが)

だって彼は普通の人だからね

あ、ちなみに本は2冊買いましたよ!

レビューも書いているし

もう一冊が『論破力』って本です

 

ってことで今回は、ファン歴15年の私がひろゆきについて書いてみました

にしても、あんな議論をSNSとかでやる意味がわかりませんね

ひろゆきって暇人なのかな?

暇つぶしにしても面倒に感じないのかしら?

美味しいお菓子を食いながらシヴィライゼーションでもやったほうが楽しいでしょって思うのは私だけでしょうか?